覚王山歯科
アクセス サイトマップ プライバシー・ポリシー
HOME < 矯正歯科
矯正歯科
矯正器具

上顎の歯と下顎の歯がきちんと並んでしっかりかみ合った歯並びは、食べ物をよく咬むことができ、歯みがきなどのお手入れも行いやすい為、むし歯や歯周病の予防にもなります。
きれいな歯並びのためには、子どもの頃からのお口の管理が大切です。
お子様の場合、美しい歯並び、正しい噛み合わせになるように早い時期から成長発育を見守ることが大切です。あごの成長が残っている子供のころから矯正を始めると、適切な成長発育を促し、正しい噛み合わせを得ることができます。

治療の流れ
初診及びカウンセリング 口腔内外診査
パノラマX線写真撮影ののち、おおまかな治療方針、矯正料金をお話します。
初回検査 歯型、顎のX線撮影と、詳しい診査・検査を行います。
診断 短期・長期治療方針をお知らせします。
装置装着 出来あがった装置の装着をします。
毎月の検診・調整 定期的検査を行います。装置の調整も行います。
装置をはずす リテーナーという保定装置をいれます。
定期検診 歯並びが悪くならないように装置をはずして2年ぐらい経過をみます。
子供の頃にありがちな症例症例1
前歯の噛み合わせが反対になっています。下顎がずれてしまったり、上顎の歯並びに影響を及ぼすことがあります。
症例2
上顎の歯が下顎の歯を深く覆いすぎている状態です。上顎、下顎共に前後的な成長発育の問題が起こりやすい状態です。
自費治療の料金 料金表はこちら